家庭教師と学校どちらを選ぶのか


学校の授業は公立・私立を問わず生徒の全体的な基礎的な学力を上げて、基本的な知識を習得することが、前提となります。 義務教育では、子供達が成長していく上での、基本的な正しい言語・文字知識から計算能力を習得するだけでなく、社会生活で必要な通念上の常識を認識していくことと、 生活するための理論的な思考を一般教養知識として学んでいきます。 高校・大学と進学する段階では、生徒の希望するコース、専門課程を考慮しながら、授業を進めていくことになります。


しかし、これも義務教育段階と同じ考え方で授業を進めていくことになります。 一方の家庭教師では、個別指導という面が学校の授業と異なることです。 子供の学年や年齢によっても、家庭教師の教える内容は異なってきますが、総じて言えることは個別指導です。 子供がどのような学校に進学したいのか。どのような分野に関心が高いのか。


そして、それに伴う学力がどの程度なのか。 そのようなことをリサーチしながら、その子供に応じた教育方法を選択しながら、個別指導で勉強を教えていくことになります。 学校では、このように個別的な指導もありますが、決定的な違いは全員を見て指導するか、1人1人に合わせた個別指導ができるかの違いがあります。 また、学校の場合は、学力を上げるための生活指導も含まれていることも、大きな相違点かもしれません。 この違いを理解して、学校中心の勉強にするのか、家庭教師を選択するのかを考えていくことが大事です。


学校の授業の特徴

学校の授業の特徴どういったものなのでしょうか。

詳しくみる…

家庭教師の特徴

家庭教師とはどういった特徴があるのでしょうか。

詳しくみる…